Departmental Bulletin Paper <実践報告>キットビルド概念マップと組み合わせた映像講義による選択的再視聴支援システムの実践利用と利用結果の分析
<Educational Practice Reports>Experimental Uses of Selective Re-Viewing Support System Based on Kit-build Concept Map with Video Lecture

林, 雄介  ,  前田, 啓輔  ,  本多, 俊雄  ,  北村, 拓也  ,  茅島, 路子  ,  平, 嶋宗

22pp.1 - 9 , 2016-12-01 , 京都大学高等教育研究開発推進センター
ISSN:1341-4836
NCID:AN10487452
Description
近年、個別学習やブレンディッド学習、反転学習といった様々な学習形態で映像講義としてのビデオ教材が盛んに用いられるようになってきている一方で、映像講義の自由な視聴だけでは、自分の理解に合わせてどの部分をどのように視聴するか分からない学習者が多いことも示されている。映像教材の再視聴が可能というメリットを活かした学習活動として、学習者が(1)自身の理解の把握と(2)理解できていない内容に対応する映像部分の特定の二つをすることによって、学習者が自身の理解に応じて選択的に映像講義を再視聴できるようにすることを目標として、キットビルド概念マップによる映像講義のアノテーションと学習者の作成した概念マップの診断に基づく選択的再視聴支援システムが開発されている。このシステムを三つの大学講義で利用した結果から、選択的再視聴支援を利用した学習者の中では、利用した方が修正の成功率が高かったことが分かった。
On the one hand, video lectures are currently widely used across individual learning, blended learning, flipped classroom and so on, confirming the validity of video lectures as an educational tool. On the other hand, there is a key difficulty associated with learning through free viewing of video: some learners find it difficult to select a section of a video within their understanding. To help such learners, it is important to let learners (1) test their own understanding and (2) identify a part of the video related to their understanding. In response to this problem, a system has been developed to support learners' re-viewing: the Kit-build concept map. This paper outlines three experimental uses of said system in university lectures. The results demonstrate that, for those who use the re-viewing support more than once, their concept map can be appropriately modified within the support function to enhance their understanding.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219556/1/R.H.E_022_001.pdf

Number of accesses :  

Other information