紀要論文 <ショートレポート>主体的な学習を促す「学ぶ場」づくりの実践
<Short Reports>The Practice of a Teaching Method for Active Learning

山崎, 泰央

22pp.99 - 102 , 2016-12-01 , 京都大学高等教育研究開発推進センター
ISSN:1341-4836
NII書誌ID(NCID):AN10487452
内容記述
学習意欲の低い学生に主体的学びを促すにはどうしたらよいか。いわゆる低位校の教員であればだれでも抱えている問題意識であろう。学生を観察した結果、彼らは学び方を知らないだけで、学び方を学べば学習意欲の向上が期待できると考えた。そこで筆者は、学生の主体的な学びを促すために、脳科学に基づく学習サイクル「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」で担当講義を設計し、学び方として「マインドマップ」を教えた。その結果、学期末には学習態度の変容を促すことができた。
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219545/1/R.H.E_022_099.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報