Departmental Bulletin Paper <センター教員・共同研究論考>Bifactor モデルによるアクティブラーニング(外化)尺度の開発
<Articles by the Center Staff and Research Fellows>

溝上, 慎一  ,  森, 朋子  ,  紺田, 広明  ,  河井, 亨  ,  三保, 紀裕  ,  本田, 周二  ,  山田, 嘉徳

22pp.151 - 162 , 2016-12-01 , 京都大学高等教育研究開発推進センター
ISSN:1341-4836
NCID:AN10487452
Description
本研究では、アクティブラーニング(AL)の効果検証において大きな課題の一つとなっている、アクティブラーニングそれ自体の質を測定する「アクティブラーニング(外化)尺度(AL(外化)尺度)」を開発した。研究1 では、作成された12 項目を因子分析し、最終的には、第1 因子の12 項目から成る「AL」(一般因子)とAL に寄与する外化3 項目だけの「AL 外化」(グループ変数)の2 因子からなるBifactor モデルによって解を見いだした。確認的因子分析をおこなった結果も、Bifactor モデルがもっとも適合度が高く、妥当なモデルだと判断された。研究2 では、異なるサンプルに研究1 の結果を適用し、同様の因子構造、確認的因子分析、信頼性を確認し、そのうえで外部変数として学習向上、能力向上、成績との相関関係を検討した。妥当な相関関係があると認められた。
The purpose of this study is to develop the "Active Learning (Externalization) Scale" that measures the quality of active learning—a task central to testing the effects of active learning. In Study 1, the factors were analyzed against 12 active-learning items, and we finally found out, in the Bifactor model, the first general factor, "AL" consisting of 12 items and the second group factor consisting of 3 items, "AL-externalization" that contributed to AL. That Bifactor model is ultimately identified as a more viable model, more suitable by the Confirmatory Factor Analyses (CFA). In Study 2, these findings were further confirmed by using different samples: we also identified valid correlations when using learning and competency or achievement as the outer variables.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219537/1/R.H.E_022_151.pdf

Number of accesses :  

Other information