Departmental Bulletin Paper マナスル初登頂60周年と雲南の山旅
The 60th Anniversary of the First Ascent of Manaslu and the Journey to the Mountains of Yunnan

松沢, 哲郎

18pp.2 - 13 , 2017-03-28 , 京都大学ヒマラヤ研究会; 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院; 京都大学ヒマラヤ研究ユニット
ISSN:0914-8620
NCID:AN10392447
Description
国民の祝日「山の日」が2016年8月11日に始まった。奇しくもマナスル初登頂から60周年の記念の年だ。1956年5月9日、京都大学学士山岳会員の今西壽雄(1914-1995)とシェルパのギャルツェン・ノルブがマナスル(8163m)に初登頂した。60周年を契機として、京都大学学士山岳会のニューズレターに「マナスル登山計画の端緒:今西錦司の登山4段階説の視点から」と題した一文を寄稿した(松沢、2016a)。本論文の目的は2つある。第1は、マナスル登山の濫觴を探り、60周年をめぐって京都大学が主宰した事業について記録を残すことだ。過去の遠征の記録を遺す、ヒマラヤ学の創成に向けたアーカイブ事業の一環だといえる。また今年は、京都大学の登山にとってみれば、梅里雪山の遭難から25周年でもある。1991年1月3日、京都大学学士山岳会と中国との合同隊が梅里雪山の主峰カワカブ(6740m)で雪崩に埋没し、日中あわせて17名が死亡した。その25周年を念頭に、京都大学学士山岳会長として梅里雪山の麓の慰霊碑を訪ね、さらにベースキャンプまでいった。雲南行については同じくニューズレターに一文を寄稿した(松沢、2016b)。本論文の第2の目的は、梅里雪山を契機に着想した雲南の山野を対象にした新しい研究の紹介だ。1994年に雲南に最初に足を踏み入れた。雲南のモンゴル族という少数民族の調査である。その調査行から20年を隔てて、「梅里キンシコウ」という未発見のサルの存在に気が付いた。雲南での登山と研究を結び付けるこの新種を探して、2014年から3度にわたり雲南での調査をおこなってきた。新種の発見をめざすフィールドワーク構想の概要を示すことで、山登りの現代的意義を再考したい。昨年、京都大学学士山岳会長の就任にあたって3つの課題を掲げた。①過去の遠征のアーカイブ事業、②現役の山岳部員への支援、そして③リーディング大学院を主軸とするワイルドライフサイエンスの実践である。そうした自らが建てた活動指針に添った努力である。研究教育活動と並行した新しい登山の可能性を紹介したい。 The first ‘Mountain Day’ started on August 11th, 2016. This year happens to be the 60th anniversary of the first ascent of Manaslu. On May 9th 1956, Manaslu, 8163m, was summited by Mr. Toshio Imanishi (1914-1995), a key member of the Academic Alpine Club of Kyoto (AACK), and his partner, Gyaltsen Norbu Sherpa. The aim of the present article is twofold. The first aim is to reflect on the history of sending mountaineering expeditions to Manaslu. This is part of the project to create an archive of the past achievements of AACK. This year is also the 25th anniversary of the avalanche accident in Meili-Snow- Mountains, 6740m, in Yunnan, China. The joint party of AACK and the Chinese Mountaineering Club encountered an avalanche on January 3rd 1991. Seventeen members passed away in this tragic accident. I visited the Meili-Snow-Mountains this year to visit the memorial site, and to think of these brave friends, as the current president of AACK. The second aim of this article is to introduce a new research perspective in Yunnan, around Meili-Snow-Mountains. In 1994, I first visited Yunnan when I attempted to study the Mongolian minority living in Yunnan province. After a 20-year interval, I happened to recognize the possibility of finding the new species named the “Meili snub-nosed monkey” (Rhinopithecus spp.). My colleagues and I have carried out a reconnaissance survey of these unknown snub-nosed monkeys three times: twice in 2014 and once in 2016. The journey within Yunnan to find this new species represents a good model of the joint endeavor between academic activity and mountain climbing. When I became the president of AACK, last year, I proposed the following three agenda: first, creating an archive of past AACK expeditions; second, supporting undergraduate students in the mountaineering club; third, showing examples of the graduate study of Primatology and Wildlife science in the mountains. The project of finding Meili snub-nosed monkeys illuminates the enormous potential to discover new horizons in research and education through mountaineering.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219469/1/Himalayan-18-002.pdf

Number of accesses :  

Other information