Departmental Bulletin Paper ブータン王国・サムテガンからの報告2 (特集2: フィールド医学)
Report from Samtengang Basic Health Unit in Bhutan -2- (Special Issue 2: Field Medicine)

藤澤, 道子

18pp.87 - 91 , 2017-03-28 , 京都大学ヒマラヤ研究会; 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院; 京都大学ヒマラヤ研究ユニット
ISSN:0914-8620
NCID:AN10392447
Description
特集2: フィールド医学 = Special Issue 2: Field Medicine
本誌公刊にあたっては、京都大学学士山岳会、京都大学「霊長類学・ワイルドライフサイエンス」・リーディング大学院からの助成をうけました。
4年前からブータン王国サムテガンBasicHealthUnit(BHU)において、地域のヘルススタッフとともに地域に住む高齢者の健康にかかわる活動をおこなっている。ブータン保健省は、これまでの感染症などの急性期疾患対策主体から、生活習慣病や高齢者医療のような慢性的な健康問題対策に政策の主体を変化させている。地域で活動するヘルススタッフは、まだ慢性期のとらえかたになじんでおらず、身体機能の低下した高齢者や神経難病患者は放置されている傾向にあったが、この4年間で非常にゆっくりではあるが慢性期のとらえかたについての考え方が根付いてきているように感じられる。また、地域には、健康ボランティアとして活動する住民があり、彼らへの啓蒙により、住民にも予防的考え方が浸透していくものと考えられる。 This is the second report from Samtengang Basic Health Unit (BHU) in Bhutan. I described the change I felt in these four years. Ministry of Health in Bhutan has been to shift the policy from the treatment of acute disease to the chronic health problem such as lifestyle-related diseases and health care of the elderly. I feel the perspective on chronic diseases by BHU staffs have been changing in these four years. That is to have the viewpoint of the follow-up and prevention. And there are health volunteers called village health worker (VHW) in the communities. VHW will be the key person to spread the concept of prevention in the community.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219462/1/Himalayan-18-087.pdf

Number of accesses :  

Other information