紀要論文 私たちが考えるフィールド医学 -実体験から思考する- (特集2: フィールド医学)
Our Note from Our Experiences of Field Medicine (Special Issue 2: Field Medicine)

石本, 恭子

18pp.111 - 117 , 2017-03-28 , 京都大学ヒマラヤ研究会; 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院; 京都大学ヒマラヤ研究ユニット
ISSN:0914-8620
NII書誌ID(NCID):AN10392447
内容記述
特集2: フィールド医学 = Special Issue 2: Field Medicine
本誌公刊にあたっては、京都大学学士山岳会、京都大学「霊長類学・ワイルドライフサイエンス」・リーディング大学院からの助成をうけました。
我々は、国内外のフィールド医学調査に参加した。各フィールドでは、人、ライフスタイル、文化、政治・経済、自然環境が異なる。そのため健康問題を多面的に考える必要がある。様々なフィールドを通じて、多様な文化に触れた。フィールドでは、実体験だけでなく、医学関係以外の様々な研究者や専門家と議論を行うことができる。そこにフィールドから我々の専門分野である看護に帰結できる面白さがある。 We have participated in Field medicine research in Japan and around the world for more than 10 years. People differ in places where they live, lifestyle, culture, politics, economy and natural environments. Therefore, multifaceted opinion is needed to consider the health problems in fields. We realize that the dignity of elderly, the concern in fields through experiences, and cultural diversity in the place we have visited are the connections between medicine and nursing. It has been interesting and fun interdisciplinary discussions about each other’s interests with the researchers and specialists there.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219459/1/Himalayan-18-111.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報