紀要論文 心理臨床における「場」の概観と展望
“Space” in Clinical Psychology: Overview and Prospects

大江, ひとみ

63pp.95 - 105 , 2017-03-30 , 京都大学大学院教育学研究科
ISSN:1345-2142
NII書誌ID(NCID):AA11332212
内容記述
心理臨床はクライエントの主体性を極めて大切にする営みであり、心理臨床家はその回復のために「場」を提供する。その時の「場」とは、物理的な場所であり、他の世界とは遮断された空間であり、心理臨床家の居る場所である。その「場」は、遮断されているがゆえに、そしてクライエントと心理臨床家という二者の出会う「場」であるがゆえに境界の「場」となり、「遊ぶこと」が起こる。そうなったとき、クライエントの主体性は萌し、その「場」はクライエントの中に何かしらのイメージをもって内在化される。また、臨床家の側にも心理臨床の「場」というもののイメージが形づくられていて、その臨床家の居る「場」の雰囲気を醸し、心理臨床に影響をもたらすものとなる。それは、心理臨床家そのものが「場」となって機能しているのではないかと考察した。In clinical psychology, the client’s autonomy is very highly valued. Clinicians offer a “space” in which the client’s autonomy can be restored. “Space” means a physical location, a place separated from the outside world, where the clinical psychologist is located. This “space” is closed off and is the “space” for the encounter between clinical psychologist and client; consequently, it is a boundary “space” where “play” occurs. When this happens, the client’s autonomy is expressed, and this “space” is internalized within the client with some kind of image. Moreover, the clinician may also construct an image of this “space, ” and the clinical psychologist’s image of the space brings its own atmosphere to this “space, ” which affects the practice of clinical psychology. Therefore, this paper considers how clinical psychologists themselves can be considered to function as “spaces.”
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219254/1/eda63_095.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報