Departmental Bulletin Paper J.S.クレイチェックのカリキュラム設計モデルに関する検討-その成立過程に着目して-
An Examination of the Curriculum Design Model of J.S. Krajcik : Focusing on the Course of Establishment

大貫, 守

63pp.243 - 255 , 2017-03-30 , 京都大学大学院教育学研究科
ISSN:1345-2142
NCID:AA11332212
Description
本稿では、米国の科学教育研究者であるジョセフ・クレイチェックのカリキュラム設計モデルについて、その成立過程に即して検討を行った。クレイチェックのカリキュラム設計モデルでは、学問固有の認識を基盤とした目標の明確化を中心に据えていた。特に彼は、転移に向けて、学習パフォーマンスと呼ばれる形式で、重大な観念と科学的な実践を用いて生徒ができるようになることをパフォーマンスの形で具体化するとともに、指導過程を特定していた。加えて、「構成概念中心の設計」では、目標を叙述する際に、そのパフォーマンスの背後にある構成概念を明確化し、その質を観察可能な行動として特定していた。これにより、構成概念に含まれる科学的な観念や実践の理解の質を、指導を通して高めることで、単に転移を促すだけでなく、そのパフォーマンスの質を向上させることを志向していた。This paper examines the curriculum design model of J.S. Krajcik who leads research science education in the USA by focusing on the course of establishment. His curriculum design model is centered around specification of educational objectives based on domain-specific cognition. Especially, for students to transfer their knowledge or skills, he develops learning performances that are objectives to articulate the cognitive tasks for students to become accomplished with learned big ideas and practices in science. In addition, he designs assessments and instructional processes or strategies based on this learning performance. When Krajcik describes learning performance in the “construct-centered design, ” he clarifies the constructs behind the performance. In addition, he determines the quality by specifying observable action. Therefore, because he improves the quality of students’ understanding of scientific practices and ideas through instruction, he prompts them to not only transfer, but also to improve the quality of the performance.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219243/1/eda63_243.pdf

Number of accesses :  

Other information