紀要論文 戦後初期における北条小学校のカリキュラム開発に関する一考察-単元学習の展開に着目して-
Curriculum Development of Hojo Primary School for the Post War Decade: How the Units of Study Changed

中西, 修一朗

63pp.257 - 269 , 2017-03-30 , 京都大学大学院教育学研究科
ISSN:1345-2142
NII書誌ID(NCID):AA11332212
内容記述
戦後新教育期、北条小学校は子どもの興味と地域の課題を中心にコア・カリキュラムを研究し、その成果は北条プランとして知られている。先行研究ではカリキュラム構造の変遷及び基礎学力の保障の観点から検討されて来たが、子どもの生活を中心にカリキュラムの統一を図るというコア・カリキュラムの目的に照らせば、生活コースの単元学習に注目すべきである。北条プランは、3期に分かれ、本稿では成立期の「館山の今と昔」、完成期の「自然の恵み」、展開期の「館山の今と昔」という3つの授業実践を単元の構造と課題設定の主体という2つの観点から比較検討し、カリキュラム構造の変遷との連関を明らかにした。結果、成立期の単元では活動上の必要性から周辺課程が設定されていたために子どもが課題設定の主体であったが、展開期では周辺課程の学習を動機付ける必要性から生活コースの活動が構成されたため課題設定を専ら教師が行うという変化が見られた。The curriculum of Hojo Primary School for the post-war decade is called Hojo Plan and is known as a child-centered, community-centered curriculum. Earlier studies examined how the curriculum structure of the Plan was transformed and highlighted three periods of its development: realization, completion, and expansion. Here, we focus on what units of study were conducted in the school. In this research, we review three units: “The Present and Past of Tateyama City” in the realization period, “The Blessings of Nature” in the completion period, and “The Present and Past of Tateyama City” in the expansion period. Can children learn more subjectively through structuralizing units? The results indicated that curriculum development does not necessarily make children more purposeful.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219242/1/eda63_257.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報