紀要論文 米国の公立大学におけるDual Enrollmentによる高大接続の展開とその意義-ニューヨーク市立大学のCollege Nowプログラムを事例として-
Status and Meaning of High-School-to-College Articulation by Dual Enrollment at Public Universities in the United States: the College Now Program of City University, New York

高見, 茂  ,  西川, 潤

63pp.421 - 444 , 2017-03-30 , 京都大学大学院教育学研究科
ISSN:1345-2142
NII書誌ID(NCID):AA11332212
内容記述
本稿では、米国における高等教育の裾野の拡大という役割を担う公立大学に着目し、高校生が大学の授業を履修して単位を取得できる高大接続プログラムであるDualEnrollmentが実施される意義を考察した。事例として、ニューヨーク市立大学のCollegeNowプログラムを取り上げ、具体的な運営方法と実施の狙いについて分析を行った。比較対象として類似の高大接続プログラムであるAPプログラムを参照し、授業場所、授業担当者、単位認定方法、単位互換などの様々な点において、異なっていることがわかった。また、APプログラムは成績上位層の能力伸長に重きが置かれているが、DualEnrollmentは中位層の生徒に対して、高等教育の世界を紹介するという役割を持っていることがわかった。最後に、日本への示唆として、高大連携授業の対象を、従来の成績上位層からより広範囲に拡大していく必要があることが導き出された。In this paper, we focus on public universities and colleges in the United States from the viewpoint of the expansion of access to higher education. We explored the meaning of Dual Enrollment, which is a high-school-to-college articulation program administered by public universities and colleges. We picked the College Now program of City University, New York (CUNY), as a case study, and analyzed the details of management methods and the aims of this program. We also referred to a similar program, Advanced Placement by College Board. The results indicated that these two programs differ in various points, such as teaching place, teaching personnel, and means of certifying credits. Moreover, while Advanced Placement emphasizes nurturing the academic capabilities of upper level students, Dual Enrollment plays a role in introducing higher education to middle level students. Finally, we elicited suggestions for Japan. Although Japanese high-school-to-college articulation programs mainly aim at upper level students, it is necessary to reconsider and implement programs for students with more diverse academic levels.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/219230/1/eda63_421.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報