学術雑誌論文 大正期日本図書館協会に対する総裁徳川頼倫の貢献
The contribution by TOKUGAWA Yorimichi to Japan Library Association in Taisho era

長坂, 和茂

68 ( 5 )  , pp.304 - 316 , 2017-01 , 日本図書館研究会
ISSN:0040-9669
NII書誌ID(NCID):AN00173287
内容記述
日本図書館協会の総裁徳川頼倫は,1923年から特別預金5万円の利子として年3000円を協会に対して支払い,財政的に支援している。その利子を当時の協会財政と照らし合わせ,利子の影響力の大きさと,使途について調査した。年3000円とは当時の日本図書館協会の会費収入に匹敵する重要な収入源であり,図書館雑誌の月刊化や図書館週間の宣伝などに使われていることが判明した。特別預金利子が大正期の日本図書館協会の財政にとって,大きな役割を果たしていることが明らかとなり,華族による社会貢献の一端を見ることができる。
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/218809/1/library_world_68%285%29_304.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報