学術雑誌論文 <論文・報告>ニホンザル乳児の授乳時における乳首の選好性について

金沢, 優真

1pp.17 - 19 , 2016-03 , 京都大学学際融合教育研究推進センター高大接続科学教育ユニット
内容記述
理学 人類進化論
Infants of several primate species show nipple preference in their youth. Little is known, however, about when and how the laterality in nipple preference develops. I observed and analysed nipple suckling behavior in infant Japanese macaques (Macaca fuscata) to identify factors which influence laterality in nipple preference. I observed four mother-infant pairs in Arashiyama Monkey Park. I recorded the infants’ nipple suckling behavior and the lying down posture of the mothers, as well as their activities as mother-infant pairs. Three of the four pairs showed the development of significant nipple preference during 10–15 days of age of the infant. Contrary to expectations, activities performed by the mother, such as grooming, moving, sitting, lying down, and feeding, did not appear to affect infant nipple preference. These results suggest that nipple preference may be fixed at 10– 15 days of age, although it is likely to be influenced by the difference in milk secretion between nipples or laterality of the mother’s hand when supporting an infant. Longer and more intensive observations are required to answer these questions.
霊長類において、授乳時に乳児が咥える乳首の頻度が左右で偏るという例がいくつか報告されているが、そのような選好性がいつ、どのような要因によって決定されるのかについては不明な点が多い。本研究ではニホンザルを対象に、乳児が咥える乳首の偏りとそれを決める要因を明らかにすることを目的に調査、考察を行った。嵐山モンキーパークで生まれた4組の親子を対象に観察を行い、乳児が咥える乳首、母親の寝る向き、親子の行動を記録した。その結果、観察できた4組のうち3組の親子で、生後10日から15日間の間にかけて乳児の咥える乳首が固定していくということが分かった。座る、移動する、グルーミングなどの母親の行動には乳児が咥える乳首と関係があると予想されたが、実際にはそのような関係性は確認できなかった。授乳の際の乳首の選好性を明らかにするために、母乳の分泌量や乳児を抱くときの手の左右性を観察するなどさらなる検証が必要である。
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/216489/1/ELCAS_J_17.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報