Journal Article <論文・報告>60Ni から放出されたγ線角度相関の測定による角運動量の決定

生駒, 洋樹  ,  徳地, 研人  ,  芝内, 奈緒  ,  越川, 亜美  ,  村田, 求基  ,  古野, 達也  ,  津村, 美保  ,  川畑, 貴裕

1pp.36 - 40 , 2016-03 , 京都大学学際融合教育研究推進センター高大接続科学教育ユニット
Description
理学 物理学
We have measured the angular correlation between two gamma rays with energies of 1173 and 1332 keV emitted from the cascade decay of 60Ni following the beta decay of 60Co. The angular correlation between the two gamma rays depends on their angular momenta. Since the total angular momentum must be conserved before and after gamma decay, we can determine the spins of the excited states in 60Ni by measuring the angular correlation. In this experiment, we used eight scintillation detectors, consisting of GAGG (Gd3Al2Ga3O12) scintillators and avalanche photodiodes. We have identified the spins of the two excited states in 60Ni to be 2ℏ and 4ℏ.
60Coがβ崩壊したのちにできる60Niの励起状態がγ崩壊する際に放出される二つのγ線(1173keV, 1332keV)の放出角度相関についての研究を行った。γ線の放出角度相関はγ線のもつ角運動量で決まるが、γ線の放出前後での全角運動量が保存されるので、γ線の放出角度相関を調べることにより60Niの励起状態の角運動量を決定することができる。本研究ではγ線の検出に、8個のシンチレーション検出器を用いた。それぞれのシンチレーション検出器は、優れた特性をもつシンチレータであるGAGG(Gd3Al2Ga3O12)単結晶と、高い受光感度を持ち、微弱なシンチレーション光の測定が可能なアバランシェフォトダイオード(APD)から構成される。測定の結果、60Niの二つの励起状態(1.333MeVと2.506MeV)の角運動量は、それぞれ2ℏと4ℏであることが決定された。
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/216485/1/ELCAS_J_36.pdf

Number of accesses :  

Other information