Journal Article <論文・報告>スクロースが緑豆(Vigna radiata L.)モヤシの形態とイソフラボン量に与える影響の評価

森本, 麻衣

1pp.88 - 90 , 2016-03 , 京都大学学際融合教育研究推進センター高大接続科学教育ユニット
農学 精密農業指向型ロボット
Isoflavones contained in many Fabaceae plants are known to have certain health benefit, and as such, to identify the best growth condition to maximize the concentration of isoflovenes in Fabaceae crops may contribute to development of value-added agriculture. This experiment evaluated how sucrose concentration in growth medium would influence isoflavone concentration in mung bean sprouts. Mugbean seeds were planted in agar medium containing 1.0% - 7.0% sucrose. After four days, fresh weight and stem length of mung bean sprouts were determined, and the isoflavone concentration was measured with a high performance liquid chromatography. The results indicate that fresh weight, stem length and moisture content decreased with increasing sucrose concentration, while isoflavone concentration did not vary significantly.
近年、機能性物質を多く含む高付加価値な農産物が注目されており、効率的な栽培技術の開発が求められている。マメ科植物に多く含まれるイソフラボンは病気の予防効果があり、様々な分野での応用が期待されている。しかし、イソフラボン生成の最適条件は未だに明らかにされていない。そこで本研究では、緑豆モヤシを実験試料とし、栽培時に添加したスクロースがモヤシの形態や、イソフラボン生成に与える影響を調べた。発芽した緑豆種子を1, 3, 5, 7%のスクロースを含む寒天培地で栽培した。4日後、栽培した緑豆モヤシの生体重や各部位の長さなど形状を計測した。また、高速液体クロマトグラフィーを用いて緑豆モヤシに含まれるイソフラボンの定量評価を行った。スクロース濃度が高くなるほど生体重や含水率が減少し、茎の長さが短くなることが示された。その一方、イソフラボン量は全ての条件で変化が見られなかった。

Number of accesses :  

Other information