Journal Article <論文・報告>ニホンザル(Macaca fuscata)餌付け群におけるグルーミングの衛生的機能:グルーミング成功率の変化に注目して

吉田, 創志

1pp.91 - 93 , 2016-03 , 京都大学学際融合教育研究推進センター高大接続科学教育ユニット
Description
理学 人類進化論
Social grooming is thought to serve both hygienic and social functions among Japanese macaques (Macaca fuscata). I performed a field study on a provisioned troop of Japanese macaques in Arashiyama, Kyoto, in order to understand the significance of the hygienic function of grooming. I divided grooming into two distinct actions, “searching” and “removing, ” and recorded the occurrence of each. I defined the ratio of occurrence of removing to that of searching as the grooming success rate. I found that the success rate in a given day tends to decrease, albeit not significantly; however, the success rate during each bout of grooming decreases significantly. There was a tendency for the success rate to come down when a grooming bout ended spontaneously. The results suggest that Japanese macaques try to remove parasites effectively. Therefore, I was able to verify the practicality of the hygienic function of grooming.
ニホンザル(Macacafuscata)の社会的グルーミングには、衛生的機能と社会的機能があるとされている。本研究では衛生的機能の実態調査として京都府嵐山の餌付けニホンザル群を対象としてフィールドワークを行った。グルーミングを、毛をかき分ける「探索行動」と外部寄生虫であるシラミの卵を取り除く「除去行動」に大分し、二つの行動をそれぞれ記録した。分析では「探索行動」に対する「除去行動」の比を「成功率」とした。調査の前半では個体追跡法を用いて1日の中での成功率の変化、後半では時刻と共に行動を記録して1グルーミングバウトの中での成功率の変化を分析した。結果、1日の中での成功率の変化に関しては減少傾向が見られたがあまり明確なものではなかった。一方、1バウトごとに分析すると自発的な終了の仕方の場合とくに減少している傾向が見られ、外的要因によって終了した場合と明らかな差があった。これらの結果からニホンザルが効率的に寄生虫を取り除こうとする様子が明らかになり、衛生的機能の実態が確認できた。
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/216472/1/ELCAS_J_91.pdf

Number of accesses :  

Other information