学術雑誌論文 <論文・報告>ブール圧縮センシングを用いたRFIDタグ検出法

松岡, 航太郎  ,  湯島, 康友  ,  早川, 諒  ,  川崎, 李穂  ,  林, 和則  ,  金子, めぐみ

1pp.96 - 96 , 2016-03 , 京都大学学際融合教育研究推進センター高大接続科学教育ユニット
内容記述
情報学 スパース信号処理の数理
In this paper, we propose a tag identification protocol based on Boolean compressed sensing (CS) for a radio frequency identification (RFID) system. Unlike the conventional CS-based tag identification protocol, our proposed protocol offers improved robustness towards wireless channel impairments by taking advantage of the Boolean CS technique. Computer simulation results show that our proposed scheme significantly reduces the number of bits required for tag identification compared with conventional ideal dynamic frame slotted ALOHA (DFSA) protocols. Keywords: RFID tag identification, Boolean compressed sensing, IoT
本論文ではブール圧縮センシングを用いたRFID タグの検出 プロトコルを提案する.従来の圧縮センシングを用いたタグ検 出法では,フェージング環境で用いる際にチャネル係数の推定 が必要という問題があったが,提案法ではブール圧縮センシン グを採用することでこれを不要としている.計算機シミュレー ションにより,提案法はフェージング環境においても良好に動 作し,従来広く用いられているDFSA プロトコルよりも少ない 観測時間でタグ検出が可能であることを明らかにする.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/216470/1/ELCAS_J_96.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報