学術雑誌論文 緊急支援物資輸送(ERL)シミュレーションに関する基礎的検討

熊谷, 兼太郎  ,  小野, 憲司

内容記述
第53回土木計画学研究発表会(春大会), 2016/5/28-29, 於:北海道大学
大規模地震等の発生後,緊急支援物資輸送(ERL)は,経済活動・人命維持に重要であり,液体の燃料等の嵩張る物資を輸送する場合,都市間をつなぐ陸上の輸送路が地震により途絶して被災地域が孤立してしまった場合等は港湾利用のERLが求められる.本研究は,港湾利用のERLのシミュレーションに関して,1次輸送のトラック輸送について基礎的検討を行った.その結果,離散型のエージェントとして一般車両とERLを行うトラックとを想定し,かつ,信号の停電している状況を想定したミクロ交通シミュレーションを提案した.また,高知県高知市中心部を対象に,ERLを行うトラックについて一般車両の交通量を変化させてミクロ交通シミュレーションにより試算したところ,平均走行速度は約28.4~28.5 km/hとほぼ一定であった.ただし,一般車両の交通量がある程度を超えるとグリッドロック状態の渋滞が発生したためトラックは一次集積所まで到達できない結果となった.
In this study, simulation model of cargo trucks in disaster area was proposed for Emergency Relief Logistics (ERL). The model was an micro traffic simulation model, consisted of cargo truck agents and small vehicle agents. The model included an effect of an interruption of traffic signal, because of electric power failure due to an earthquake. Trial simulations were conducted for the central area and suburbs of Kochi City, Kochi Prefecture, and result of the simulation showed that an averaged speed of cargo truck was constant, 28.4 -28.5 km/h in conditions of low dencity traffic. In contrast, the simulation also showed 'Grid lock' traffic jam around some intersections, and cargo trucks could not access to a stockyard in traffic conditions of a specific dencity and higher dencity
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/215923/1/doboku.keikaku_53_820.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報