学術雑誌論文 落葉広葉樹の葉の展開と道管の形成時期の関係--樹木の適応様式の違いを探る--

髙橋, さやか

887pp.28 - 31 , 2016-02-10 , 日本森林技術協会
ISSN:1349-452X
NII書誌ID(NCID):AA11967407
内容記述
冷温帯落葉広葉樹林に混生する環孔材樹種と散孔材樹種について,どのようにその生育環境に適応して生育しているのかを明らかにすることを目指した。その結果,葉のフェノロジーと道管形成時期の関係について,環孔材樹種は短期集中型の,散孔材樹種は長期分散型の成長様式を採り,各々異なる適応方法で生育していることが明らかとなった。今後,異なる道管配列を持つ樹種を含めてより多くの樹種について体系的に調べる必要がある。
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/215672/1/shinrin.gijutsu_887_28.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報