紀要論文 [論説] 咸錫憲(ハム・ソッコン)思想における民族と民衆 --植民地期から1980年代までの変化を中心に--
[ARTICLES] 'Nation' and 'People' as Seen in Ham Seok-heon's Thought with a Focus on the Changes in his Thought from the Colonial Period to the 1980s

金, 京燕

19pp.101 - 113 , 2016-03-28 , 京都大学大学院人間・環境学研究科 社会システム研究刊行会
ISSN:1343-4497
NII書誌ID(NCID):AA11273113
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/210563/1/soc.sys_19_101.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報