Departmental Bulletin Paper <特集論文>「呪術的実践 = 知の歴史的諸相」 --西欧近世の魔女信仰の視角から
The Historical Phase of Magical Practice-Knowledge: On the Analysis of the Early Modern European Witch-Belief

黒川, 正剛

7pp.211 - 231 , 2015-03-31 , 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野
ISSN:2188-5974
NCID:AA12260795
Description
呪術/魔術が西欧社会で問題化したのは魔女裁判が猖獗を極めた16・17 世紀の近世のことである。本稿では、当時の魔女信仰の分析から「呪術的実践 = 知の歴史的諸相」について考察する。ただし、本稿で行われるのは「呪術的実践 = 知の歴史的諸相」の本格的な解明に必要な準備作業であり、「実践 = 知」のうち「実践」に焦点を絞って検討をすすめる。拙稿「呪術と現実・真実・想像--西欧近世の魔女言説から」(白川・川田編『呪術の人類学』人文書院、2012 年所収)で論じた「呪術のリアリティ」に関する問題、『魔女狩り--西欧の三つの近代化』(講談社選書メチエ、2014 年)で扱った「視覚の特権化」「自然認識の変容」「他者排除」に関わる三つの西欧の近代化の問題をもとにしてアプローチを試みる。そしてカルロ・ギンズブルグのベナンダンティに関する研究にもとづいて、「呪術的実践」に関わる四つの知覚作用に関わる動詞「信じる・知る・行う・感じる」の問題について若干考察する。
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/209802/1/ctz_7_211.pdf

Number of accesses :  

Other information