紀要論文 京都大学山岳部マサコン登頂30周年を記念して「マサコン・ジョモラリトレッキング」報告
Report of Trekking to MasaGang and Jomolhari in 2015: Commemoration of 30th Anniversary of the First Ascent of Mt. MasaGang in 1985 by Kyoto University Alpine Club

六車, 光貴  ,  原, 宏輔  ,  川口, 康平  ,  青木, 俊輔  ,  秋本, 克規  ,  酒井, 英人  ,  山下, 耕  ,  外園, 喜大  ,  荻原, 宏章  ,  河合, 清定

17pp.8 - 20 , 2016-03-28 , 京都大学ヒマラヤ研究会; 京都大学ブータン友好プログラム; 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院
ISSN:0914-8620
NII書誌ID(NCID):AN10392447
内容記述
特集1: 京都大学ブータン友好プログラム特集 = Special Issue 1: Contribution from the Kyoto Bhutan Friendship Program
2015年9月11日から10月5日にかけて, 京都大学山岳部現役学生を中心とした10名 (うち2名は9月23日まで) が, ブータン王国・マサコンベースキャンプ, ジョモラリベースキャンプを巡るトレッキング期間16日, 総歩行距離約 200km, 最高到達点 5000m のトレッキングを行った。本トレッキングは1985年京都大学山岳部によってマサコン登頂を成し遂げてから30周年を記念して, 1985年隊がベースキャンプまで歩いた同じルートを通って現京都大学山岳部員が中心となって実施された。ただ, 過去の遠征隊のルートを再び踏むだけではなく, ブータン現地で住む人々との交流を通して, ブータンという国の文化, 自然との向き合い方を学ぶことができた。本報告は, 1985年マサコン遠征隊から本トレッキングを行うにあたっての経緯, トレッキングの時間記録, トレッキング中の気象について, 装備報告, 医療報告に加え, 一部の隊員より本トレッキングを通して感じたことを綴ったもので構成されている。なお, 医療報告の詳細に関しては本ヒマラヤ学誌に掲載されている『ブータン王国でのトレッキング参加者における高所順応と SpO2, 心拍数および高山病評価スコア』 (山下 耕) を参考されたい。 (文責:六車光貴)
Ten Kyoto University students trekked to the Base Camp of Mt. MasaGang and Jomolhari from September 11 to October 5 in 2015. Total distance was about 200km and the highest altitude was 5000m. This trekking was accomplished by present members of Kyoto University Alpine Club in commemoration of 30th anniversary of the first Ascent of Mt. MasaGang in 1985 by our seniors. From Gasa to MasaGang Base Camp, our route was same as that of the party in 1985. We have much learned about Bhutanese culture and how the Bhutanese lives with nature. This report consists of background of trekking, the record of journey, weather, equipment, and medicine used during the trekking and finally, some columns. We cordially thank for the support by Kyoto University-Bhutan Friendship Program and Academic Alpine Club of Kyoto (AACK).
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/209108/1/Himalayan-17-008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報