その他 京都大学の改革と将来構想(WINDOW構想)

京都大学

pp.1 - 18 , 2015-06 , 京都大学企画・情報部企画課
内容記述
京都大学の改革の指針、WINDOW構想。WはWild and Wise。未知の世界に挑戦できる実践の場として、野生的で賢い学生を育成します。IはInternational and Innovative。研究の国際化を一層推進し、イノベーションの創出を図ります。NはNatural and Noble。自然に親しみ、学び、高い品格と高潔な態度を身に付けられる、学びの場を作ります。DはDiverse and Dynamic。多様な文化や考え方を受け入れ、悠久の歴史の中に自分を正しく位置づける落ち着いた学問の場を提供します。OはOriginal and Optimistic。失敗や批判を恐れず、それを糧にして異なる考えを取り入れて目標達成に導くような能力を涵養します。そしてWはWomen and Wish。男女共同参画推進アクション・プランに基づき明るい希望をもてる環境を整備します。
本文を読む

http://www.kyoto-u.ac.jp/window/

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/209092/4/window_ja.pdf

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/209092/5/window_en.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報