Departmental Bulletin Paper カオダイ教におけるフォ・ロアン(Phò loan)とサイ・バン(Xây bàn) --カオダイ教形成過程におけるサイ・バンを中心として--
Phò loan and Xay ban in Caodai : Xay ban during Caodai's Formation Period

髙津, 茂

108pp.127 - 141 , 2015-12-30 , 京都大學人文科學研究所
特集 : 日本宗教史像の再構築 --トランスナショナルヒストリーを中心として-- ≪第III部 :神の声を聴く --カオダイ教, 道院, 大本教の神託比較研究--≫
ヴェトナムの新宗教カオダイ教は, 四種類の神意をうかがう法がある。(1) 扶機(Phò co)もしくは扶鸞(Phò loan) と称されるもので, 中国における扶乩に当たる。カオダイの扶機は, ゴ・ヴァン・チュウ(Ngo Van Chieu) に始まるとされるが, 神意を伺う方法としては, メコンデルタにおける五支明道(Ngu Chi Minh Dao) 等の影響によると思われる。(2) ヴェトナム語でテーブルターニングを意味するサイ・バン(Xây bàn) で, これは19 世紀にアラン・カルデックにより体系化されたフランスのスピリティスム(Spiritism) の中の叩音通信(typtologie)がヴェトナムに伝わったものである。(3) シン・サム(Xin Xăm) は, 日本の御神籤に当たり, 竹のくじ札を振り出して運勢を占う方法である。(4) チャップ・ブット(chắp bút 執筆)は, 一種の自動筆記で, 童子が白紙の上に筆記用具の柄を置き, 神が腕に入って字を書き出すのを待つ方法である。本稿ではカオダイ教の形成過程を中心に上述した4 つの神意を伺う方法の中でも(1)扶機もしくは扶鸞と(2)サイ・バンを中心に, カオダイ教の中での意義を比較する。ゴォ・ヴァン・チュウを始祖として, フォ・ロアンによる神託を得る内教心伝(Nôi Giáo Tâm truyện) グループと, サイ・バンによる神託に始まる外教公伝(Ngoȧi Giáo Công Truyện) 派は政治的立場も異なる。タイニン派は「外教公伝」として始まり, 1925 年から1927 年ごろの最初の時期ファム・コン・タックPham Công Tac, カオ・ホアイ・サンCao Hoài Sang, カオ・クゥイン・クゥCao Quynh Cu, らは機筆を知らず, ただフランスからの神霊学Thân Linh Hoc の各書に依るのみであった。ただ, サイ・バンによりこの3 氏達は, 1925 年9 月には瑶池宮の七娘等と接触することができ, その後七娘が初めてこの3 氏達に九天玄女や瑶池金母といった神聖な方々の教えを請うていくためには機筆を用いた方がサイ・バンよりも速くて便利であることを案内した。そのため1927年から1928 年頃からタイニン派でも機筆(扶鸞) を用いるようになったと思われる。
Caodai, a Vietnamese new religious movement, has four ways of reading divine will. (1) Phò co /Phò loan , which corresponds to Fuji in China. It is said to have been first used by Ngo Van Chieu in 1917 under the influence of the Mekong Delta's Ngu Chi Minh Dao. (2) Xây bàn". Table turning" in English, this is a way to communicate with dead spirits and was transmitted to Vietnam from France as a part of Alan Kardec's spiritism. (3) Xin Xăm, a divination method that uses bamboo sticks. (4) Châp bút, a kind of automatic writing (psychography) by a small child whose arm is thought to be controlled b y adivinity. In this paper, I compare the meanings of Phò co'/Phòloan and Xây bàn, and conclude that the Nôi Giáo Tâm Truyện group, which was founded by Ngô Văn Chiêu, and the Ngoai Giáo Công Truyện group differed in their political opinions. The Tay Ninh sect began as "Ngoai Giáo Công Truyện", and during its initial period (around 1925-1927), Pham Công Tac, Cao Hoài Sang, Cao Quynh Cu', etc. did not know about Phòco' [LD1], relying only on the books of Thân Linh Hoc from France. However, in September 1925, for the first time these three founders of the Tay Ninh sect met Thât Nuong Diêu Trì Cung, Cuu Thiên Huyên Nu, and Diêu Trì Kim Mâu, who told them that Phòco' is a considerably more convenient and faster method than Xây bàn for requesting teachings from holy people such as Diêu Trì Kim Mâu. It appears that for this reason Phòco' was adopted in Tay Ninh sect around 1927 or 1928.

Number of accesses :  

Other information