Departmental Bulletin Paper <原著論文>新優生学の「自由」について --デザイナー・ベビー議論における「開かれた未来への権利」の検討

赤塚, 京子

1pp.34 - 55 , 2016-01-15 , 京都大学大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 カール・ベッカー研究室
本稿の目的は、デザイナー・ベビー議論における「開かれた未来への権利」の検討を通じて、新優生学思想の背景にある「自由」の一端を明らかにすることである。親の自己決定を推奨し、生殖補助技術を通じて「望ましい」子どもを持つことを擁護する新優生学であるが、生まれてくる子どもの自由にも一定の配慮を示している。具体的には、J. Feinberg によって提唱された「開かれた未来への権利」を侵害しない操作のみを親に許可することで、子どもを守ろうとしている。本稿の流れとしては、まず「開かれた未来への権利」を紹介する。続いて、デザイナー・ベビー議論において、どういった遺伝子操作が許容ないしは禁止されているかを確認し、検討を加えたい。結論では、「開かれた未来への権利」によって子どもの自由をどこまで守ることができるのか疑問が残る一方で、極端な操作をしない限り、親の自由が依然として担保されていることを述べる。
The purpose of this paper is to clarify a part of "liberty" in the new eugenics through considering "right to an open future" in the arguments about Designer Babies. The new eugenics encourages parental self-determination and permits parents to have "desirable" children by using assisted reproductive technology (ART), nevertheless this shows consideration for prospective children's liberty. The new eugenics attempts to protect children by permitting parents to use only genetic engineering not to infringe "right to an open future" proposed by J. Feinberg. Firstly, this paper introduces the underlying concept of "right to an open future". Secondly, this paper confirms what sort of genetic enhancements are permitted or banned in the debate over Designer Babies and then discusses it. In conclusion, while it is questionable whether "right to an open future" could protect children's liberty, this paper indicates that parents' liberty would be protected unless they carry out extremely harmful manipulations.

Number of accesses :  

Other information