紀要論文 <Invited Articles>Heart Care in Japan: Before and After the 1995 Great Hanshin-Awaji Earthquake

Benedict, Timothy O.

1pp.147 - 169 , 2016-01-15 , 京都大学大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 カール・ベッカー研究室
ISSN:2423-9445
内容記述
This paper examines the emergence of the term "heart care (kokoro no kea)" to describe the psychological support for disaster victims in the wake of the 1995 Hanshin earthquake. By comparing the usage of this term in the Yomiuri and Asahi newspapers before and after the earthquake, as well as its relationship with post-traumatic stress disorder (PTSD), this paper will show how heart care emerged in the context of hospice before expanding to include care for trauma more broadly. I will also discuss how the growing attention to heart care enabled religious groups to become more engaged in disaster relief work.
本論文では1995年に起きた阪神・淡路大震災以後に普及した心理的サポートを指す「心のケア」という用語について考察をする。方法としては、震災の前後に『読売新聞』と『朝日新聞』に掲載された心のケアに関する記事を分析し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)との関係性を検討した後、心のケアがホスピスの文脈から語られるものから、トラウマの意味を含むものへと拡大したことを示す。また、心のケアへの社会的認識の高まりに伴って、宗教者がよりいっそう被災支援に関われるようになったことについても論じる。
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/203148/1/future.life_1_147.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報