会議発表論文 複数の視点から事例を見る情報モラル指導用教材の提案

門口, 礼  ,  上田, 浩  ,  森, 幹彦  ,  喜多, 一

内容記述
<教育学習支援情報システム研究会(IPSJ-CLE)> テーマ:学習データの利活用/一般, 於:福井市地域交流プラザ, 2015年12月4日(金)-12月6日(日), 資料番号: IEICE-SITE2015-54, IEICE-ET2015-82
従来の情報モラル指導用教材は,情報モラル事例(物語)に登場する人物の「被害」や「被害者の心情」が物語の中心に描かれていて,「加害者の心情」や「被害者の関係者(家族など)の心情」についてはほとんど物語で表現されていない.本稿では,ひとつの事例を,加害者や被害者の関係者を含めた,複数の登場人物の視点から見る情報モラル指導用教材を提案する.加害者や被害者の関係者の視点から事例を見ることによって,児童は「加害者の心情」や「被害者の関係者(家族など)の心情」についても,考えることができる.また,本稿では,教材のプロトタイプを作成する.プロトタイプ,及び公立小学校教諭へのインタビュー調査による評価を基に,提案する教材によって得られる効果を推察する.
Case study learning materials are often used for information moral education. The traditional learning materials show cases focusing on damage or feelings of a victim that appears in the case. On the other hand, feelings of other characters, such as wrongdoers or victim's relatives, are rarely shown. In this article, we propose a new learning material that the learner can examine a case from various viewpoints by using. By examining the case from the viewpoints of the wrongdoer or the victim's relatives, the learner can think carefully feelings of them. Additionally, we have developed a prototype of the learning material. Based on the prototype and an interview to elementary school teachers, we discuss the effects of using the learning material.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/202520/1/ieice.tec.rep_115%28351%29_137.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報