Thesis or Dissertation アフリカツメガエルにおいてカンナビノイド受容体結合タンパク質1は目と神経の発生の制御因子である

鄭, 小娜

2015-03-23 , Kyoto University
Description
新制・課程博士
甲第19142号
生博第325号
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/199559/1/yseik00325.pdf

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/199559/2/dseik00325.pdf

Number of accesses :  

Other information