研究報告書 介護総費用の長期推計

酒井, 才介  ,  佐藤, 潤一  ,  中澤, 正彦

内容記述
本稿は、2000年度に創設された介護保険制度に基づき、介護総費用の将来推計を行う。具体的には、介護保険制度がまだ浸透途上であることを認定率、利用率、利用者一人当たり介護費用を通じて確かめる。その上で、今後の介護保険制度の浸透に伴い必要な費用がさらに伸びることを想定した「制度浸透シナリオ」を設定する。そして、介護総費用の長期推計の先行研究の一つである上田他(2014)のモデルを用いた「べ一スシナリオ」の長期推計と比較する。推計の結果、上田他(2014)を用いたべ一スシナリオにおいては2060年時点での介護総費用対名目GDP比は6.4%である一方、制度浸透シナリオは7.3%となることを確認する。
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/198613/1/DP1504.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報