研究報告書 タテマエとホンネの狭間で --日本文化の一側面を観察する--

柴田, 光蔵

2015-04-01
内容記述
序論
(A) はじめに
(B)「タテマエ・ホンネ」イメージの群像
(C) 日本の法文化における「タテマエ」と「ホンネ」
(D) 古代ローマにおける「タテマエ」と「ホンネ」
第一章「タテマエ・ホンネ論」の背景
(A) 筆者の個人的事情
(B)「京のぶぶ漬け」の話
(C)「ウィキペディア」の「建前と本音」論
第二章「タテマエ」と「ホンネ」の位置関係
第三章 本論
(A) 序説
(B)「表」と「裏」・「外」と「内」
(C)「形・形式・型」としての「法」
(D)「タテマエ」と「ホンネ」の対比図式
(E) 未来への一つの指針
第四章 「隣人訴訟」を巡る「タテマエ」と「ホンネ」--事例分析
あとがき
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/196743/4/ROMAHOPEDIA_IV.2.pdf

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/196743/5/ROMAHOPEDIA_IV.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報