Departmental Bulletin Paper 胆管がん選択的吸収ペプチドによる腫瘍イメージング
Tumor Imaging with Cell-penetrating Peptide in Human Cholangiocarcinoma

齋藤, 憲  ,  Saito, Ken

131 ( 5 )  , pp.267 - 271 , 2017-05 , 新潟医学会
ISSN:0029-0440
NCID:AN00182415
Description
現在, 胆管がんの根治的治療は外科的治療が主であり, 胆管がんは多彩な浸潤パターンを示すことから内視鏡治療上あるいは外科手術治療上として「がん浸潤範囲が把握困難」である問題を生じます. そこで私たちは胆管がんの早期診断と浸潤パターンを判定するためにペプチドをベースとした癌イメージングツールの開発を行っています. 今回は現時点でのペプチドの探索と胆管がん選択的透過性について報告します.
Full-Text

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/49551/1/131(5)_267-271.pdf

Number of accesses :  

Other information