Departmental Bulletin Paper 播種性血管内凝固症候群 (DIC) に関する最近の知見
Recent Information of Disseminated Intravascular Coagulation(DIC)

関, 義信  ,  Seki, Yoshinobu

131 ( 4 )  , pp.207 - 212 , 2017-04 , 新潟医学会
ISSN:0029-0440
NCID:AN00182415
Description
DIC (Disseminated intravascular coagulation, 播種性血管内凝固症候群) は, 様々な生体ストレスによって生じる生体の凝固・炎症反応を伴う症候群であり, 基礎疾患によりその凝固・線溶活性, あるいは炎症反応はかなり異なっている. しかしながら, その本態は全身の微小血栓症である. 古くからDICは死の代名詞とされていたが, この分野での進歩は著しい. DICに関する, 最近の知見の進歩, 早期診断に対しては各種診断ガイドラインが, 治療に関してはガイドラインやエキスパートコンセンサスが発表されており, これらを熟知した臨床医の診療が求められている.
Full-Text

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/49535/1/131(4)_207-212.pdf

Number of accesses :  

Other information