紀要論文 砂丘地形を利用した気象観測実習

髙清水, 康博  ,  山上, 遥那  ,  斉藤, 右悟  ,  高橋, 歩美  ,  玉木, 恵理菜  ,  本田, 明治  ,  高橋, 洋子  ,  Takashimizu, Yasuhiro  ,  Yamakami, Haruna  ,  Saito, Yugo  ,  Takahashi, Ayumi  ,  Tamaki, Erina  ,  Honda, Meiji  ,  Takahashi, Yoko

内容記述
大学生を対象として簡易に風向と風速を測定できる教材を用いて,約20 mの比高を持つ砂丘の上部から下部にかけて立地する新潟大学五十嵐キャンパス内で気象観測実習を行った.その結果,実習日の気象はどの観測地点においてもほぼ一様であり,砂丘の地形を反映したものではなかった.その一方で,局所的な建物や地面の状態の違いを観測することができた.今回の気象観測自体は実技的な面では特に大きな問題なく行うことができたが,科学的な背景についての深い理解にまでは繋がらなかった.今回の実践をより改良,または単純化することで将来の義務教育の学校現場に活用することができるだろう.
本文を読む

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/49426/1/10(1)_55-63.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報