紀要論文 Effect of phosphate application levels on soybean [Glycine max [L.] Merr.] seed yield, elements and storage protein composition.
ダイズの種子収量、元素集積、貯蔵タンパク組成に対するリン供給量の影響

Ohtake, Norikuni  ,  Tanabata, Sayuri I.  ,  Ikarashi, Yae  ,  Shiratori, Yutaka  ,  Honma, Toshimitsu  ,  Nagumo, Yoshifumi  ,  Takahashi, Yoshihiko  ,  Sueyoshi, Kuni  ,  Ohyama, Takuji  ,  大竹, 憲邦  ,  七夕, 小百合  ,  五十嵐, 弥重  ,  白鳥, 豊  ,  本間, 利光  ,  南雲, 芳文  ,  高橋, 能彦  ,  末吉, 邦  ,  大山, 卓爾

69pp.25 - 31 , 2017-02 , 新潟大学農学部
ISSN:0385-8634
NII書誌ID(NCID):AN00183393
内容記述
Various levels of P application were imposed to hydroponically grown soybean plants, and the concentrations of mineralelements and storage protein composition in the matured seeds were analyzed. Non-nodulating (cv T201) and nodulating (cv Enrei) soybean plant were cultivated with nitrate (NaNO3) and fix-N as solo nitrogen source, respectively. Application of phosphate increased P and reduced N concentration in seeds both non-nodulating and nodulating soybean plants. This result indicated that seed mineral composition could be changed by phosphate application irrespective of nitrogen source. Low level phosphate (5μM-P) application to the non-nodulating soybean plants increased β-conglycinin, a major storage protein in soybean seed, concentration in seed compared with normal level of P (25μM-P) irrespective of nitrate application level. In the nodulating soybean plants, the concentration of β-subunit of β-conglycinin was decreased by high level of P (50μM-P) application both all through plants growth and increasing P level after flowering. In conclusion, P application on soybean plants changed mature seed mineral composition and protein composition irrespective of N nutrition.
ダイズをさまざまなリン濃度で水耕栽培し、種子の各種元素濃度および貯蔵タンパク質組成を比較した。根粒非着生系統ダイズ(品種T201)と栽培ダイズ(品種エンレイ)をそれぞれ、硝酸あるいは窒素固定のみを唯一の窒素限として栽培した。両植物とも、植物体に対するリン供給量の増加は、種子におけるリン濃度を増加させ、窒素濃度を減少させた。この結果は、種子に貯蔵される元素濃度は、窒素の供給形態に関わらず、リン供給により変化することを示している。根粒非着生系統ダイズに対する低濃度のリンの供給(5μM-P)は、対照区(25μM-P)と比較して、窒素の供給量によらず、種子貯蔵タンパク質のβ- コングリシニン含量を増加させた。栽培系統ダイズのエンレイでは、β- コングリシニンのβサブユニット濃度は、生育全期間あるいは開花期から高濃度のリンの供給(50μM-P)により減少した。 これらの結果から、ダイズにおける種子の元素集積および貯蔵タンパク組成は窒素の供給形態に関わらず、リンの供給量により変えることができることが示された。
本文を読む

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47174/1/69_25-31.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報