紀要論文 腺癌成分がリンパ節転移をきたした胃原発内分泌細胞癌の1例
A Case of Gastric Neuroendocrine Carcinoma with Lymph Node Metastasis of Adenocarcinoma

日紫喜, 万理子  ,  石川, 卓  ,  羽入, 隆晃  ,  番場, 竹生  ,  小杉, 伸一  ,  若井, 俊文  ,  渡邉, 玄  ,  渡邉, 佳緒里  ,  Hishiki, Mariko  ,  Ishikawa, Takashi  ,  Hanyu, Takaaki  ,  Bamba, Takeo  ,  Kosugi, Shin-ichi  ,  Wakai, Toshifumi  ,  Watanabe, Gen  ,  Watanabe, Kaori

129 ( 8 )  , pp.456 - 462 , 2015-08 , 新潟医学会
ISSN:0029-0440
NII書誌ID(NCID):AN00182415
内容記述
症例は72歳, 男性. 貧血の精査目的に上部消化管内視鏡を施行し, 胃体上部から前庭部に2型の進行癌を指摘された. 腹部骨盤部造影CT検査で胃周囲リンパ節の腫大を認めcT4aN1M0, cStage IIIAと診断された. 術前補助化学療法としてS-1+CDDP療法を2コース施行したところ, 腫瘍の縮小効果が認められ, 胃全摘術, 脾合併切除, D2リンパ節郭清, Roux-en Y法再建を施行した. 病理組織学的所見では, 原発巣は腺癌成分とクロモグラニンA陽性の内分泌細胞癌成分とが混在する腫瘍であった. 幽門下リンパ節をはじめ5個のリンパ節転移を認めたが, いずれも転移巣は腺癌成分であり内分泌細胞癌成分は認めなかった. 術後補助療法としてS-1内服を開始し, 術後7か月現在, 無再発生存中である. 胃原発内分泌細胞癌は稀な組織型であり, 腺癌成分との混在型が多いとされる. 悪性度の高い内分泌細胞癌成分がリンパ節転移をきたすことが多いとされるが, 本症例では内分泌細胞癌成分の転移はみられず, リンパ節転移の機序, 補助化学療法を考察する上で示唆に富む症例と考える.
本文を読む

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/44135/1/129(8)_456-462.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報