紀要論文 膵内副脾に生じた類上皮嚢胞の1例
A Case of Epidermoid Cyst developed in an Intrapancreatic Accessory Spleen

諸, 和樹  ,  皆川, 昌広  ,  高野, 可赴,  ,  滝沢, 一泰  ,  三浦, 宏平  ,  永橋, 昌幸  ,  坂田, 純  ,  小林, 隆  ,  小杉, 伸一  ,  若井, 俊文  ,  Moro, Kazuki  ,  Minagawa, Masahiro  ,  Takano, Kabuto  ,  Takizawa, Kazuyasu  ,  Miura, Kouhei  ,  Nagahashi, Masayuki  ,  Sakata, Jun  ,  Kobayashi, Takashi  ,  Kosugi, Shin-ichi  ,  Wakai, Toshifumi

129 ( 7 )  , pp.401 - 407 , 2015-07 , 新潟医学会
ISSN:0029-0440
NII書誌ID(NCID):AN00182415
内容記述
症例は35歳男性. 検診腹部エコーで脾門部に2cm大の腫瘤を指摘された. 2年後検診で腫瘤の増大傾向を認め, 腹部造影CT検査で膵尾部に44mm大の多房性分葉状腫瘤を認めた. 血算・生化学・凝固系, 腫瘍マーカー, 各種ホルモン値は正常範囲内であった. SPIO造影MRIを施行したが, 腫瘍より尾側におけるT2強調画像信号低下を確認したのみで, 確定診断を下すことができなかった. 腹腔鏡下膵尾部切除を施行し, 術後病理診断で膵内副脾に生じた類上皮嚢胞と診断された. 診断に苦渋した1例を報告する.
本文を読む

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/44119/1/129(7)_401-407.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報