Departmental Bulletin Paper 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例
A Case of Follicular Carcinoma of the Thyroid Gland finally Diagnosed after Occurrence of Bone Metastasis

岩城, 孝和  ,  小山, 諭  ,  永橋, 昌幸  ,  長谷川, 美樹  ,  利川, 千絵  ,  土田, 純子  ,  諸, 和樹  ,  若井, 俊文  ,  Iwaki, Takawa  ,  Koyama, Yu  ,  Nagahashi, Masayuki  ,  Hasegawa, Miki  ,  Toshikawa, Chie  ,  Tsuchida, Junko  ,  Moro, Kazuki  ,  Wakai, Toshifumi

129 ( 6 )  , pp.326 - 330 , 2015-06 , 新潟医学会
ISSN:0029-0440
NCID:AN00182415
Description
甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術施行後に濾胞腺腫と診断され, その3年後に骨転移が出現し, 初回の摘出腫瘍が濾胞癌であったことが判明した1例を経験したので報告する. 症例は61歳, 男性. 他院で甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術が施行され, 術中迅速診断および永久病理診断で腺腫と診断されていた. しかし, 術後3年目頃から腰痛・下肢痛が出現, その後, 下肢麻痺を認めたため当院整形外科で第5腰椎切除が行われ, 術後病理診断では甲状腺濾胞癌の骨転移の診断であった. 経過から初回甲状腺腫瘍が濾胞癌であったと考えられた. 甲状腺濾胞癌は細胞異型がほとんど認められないため術前細胞診での診断は困難とされている. 濾胞腺腫を疑った場合でもサイログロブリン高値等の場合は濾胞癌の可能性を考慮して治療やフォローアップを行っていく必要がある.
Full-Text

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/44091/1/129(6)_326-330.pdf

Number of accesses :  

Other information