紀要論文 Copyright, Mergers, and Acquisitions in the Music Industry : The Sound Recording Case

Espinosa, Jose

62pp.247 - 271 , 2016-03 , 新潟大学大学院現代社会文化研究科
ISSN:1345-8485
NII書誌ID(NCID):AN1046766X
内容記述
長年にわたって、音楽産業において合併は共通の傾向となってきている。メジャー・レーベルは、市場の70 から80 パーセントを占めている。ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)とEMI グループ(EMI)の間の取引により、メジャー・レコード・レーベルは4 から3 に減少した。この集中レベルにあるほぼ全ての産業において、かかる減少は残存事業者の市場力の拡大と反競争的な結果の可能性を示す。明らかに、この格言は音楽産業においてはあてはまらない。本稿は、ユービキタスなプライバシー脅威と強力なオンライン配信業者が分析における重要な変数となる一方、消費者は新しいデジタル音楽技術に直面しているので、UMG とEMI の取引を音楽産業の革新的な転換を検証するためのモデルとして利用する。この新しい現実は、結果として、音楽産業における合併の評価における変化を引き起こしてきている。
本文を読む

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/41795/1/62_247-271.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報