紀要論文 土のキャピラリーバリア機能を利用した節水かんがいシステムの開発 : パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区における適用可能性調査
Water saving irrigation using capillary barrier : Feasibility study in West Bank of the Jordan River, Palestine

森井, 俊広  ,  藤巻, 晴行  ,  Morii, Toshihiro  ,  Fujimaki, Haruyuki

68pp.37 - 41 , 2016-02 , 新潟大学農学部
ISSN:0385-8634
NII書誌ID(NCID):AN00183393
内容記述
砂層とその下部に礫層を重ねた地盤層は、互いの水分保持特性の相対的な違いにより、キャピラリーバリア(Capillary barrier: CB)機能を発揮する。降雨あるいは地表面かんがいにより下方浸潤が生じると、この機能により、砂層と礫層の境界面の上部で浸潤水が保持・貯留され、さらに下方の礫層への水分移動が抑制される。かんがい水を不必要に下層へ浸潤させることなく、有効に植物生育に供することができるため、節水の効果をもつ。乾燥地あるいは半乾燥地におけるCB の適用性を探るため、2015年3月20日から25日にかけパレスチナのヨルダン川西岸地区を渡航調査した。Ramallah 市郊外のウォーターハーべスティング試験サイトにキャピラリーバリア試験区を設け、自然気象条件下における土壌水分動態の長期計測を開始した。現地の土からふるい分けにより中礫分サイズの礫を容易に入手できるか、礫層を敷設することにより、非常に降雨量が少ない自然気象条件下でも効果的に土中水分を捕捉できるかどうかについて、土壌水分量の長期モニターにより確認することを、当面の調査目的とした。
A simple soil layer system which constitutes of a finer soil layer underlain by a coarser soil layer shows an excellent characteristic of capillary barrier (CB). Downward percolation of water during infiltration or redistribution ceases where the infiltrated water migrating through the sand layer encounters the gravel layer, and the water accumulates just above an interface between the soil layers with less percolating into the gravel layer lower. As their roots can easily utilize the water retained within the upper soil layer, agricultural plants grow well even under supply of less irrigation water. In order to study feasibility or applicability of the CB system of soil in an arid or semi-arid area, a site investigation was conducted in the West Bank of the Jordan River, Palestine, during 20 to 25 March, 2015. The CB test plot was constructed in the olive orchard near Ramallah City and, since then, the soil moisture contents in the CB system of soil have been monitored in the field. In this paper, the soil moisture contents measured in the CB test plot are plotted during 79 days after 23 march, 2015, and compared with those measured in the orchard soil without the gravel layer.
本文を読む

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/39816/1/68_37-41.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報