紀要論文 ライティングにおける英語学習者の文法ミスと教師によるフィードバックに関する研究
A Study on Grammatical Mistakes and Feedback in English Writing

日下, JA  ,  Kusaka, JA

3pp.17 - 25 , 2015-12 , 新潟大学教育・学生支援機構
ISSN:2188-0050
NII書誌ID(NCID):AA12643444
内容記述
本研究は、大学教育における教師と学生との一対一の英語ライティング指導で、自由作文の文法ミスを減らす指導法を模索した。フィードバックに工夫を凝らすことで、それが具体的に学習者のどの種類の文法ミスの減少に効果的かを検証した。加えて、フィードバックに対する学習者の受容パターンを探った。内容・論理に関する指摘と文法ミスの指摘を二段階に分けたフィードバックを用い、かつ各学生に頻出の文法ミスをハイライトすることにより、文法に対する意識が高められ、その結果、構文の作り方がより複雑な文法に関するミスの減少や既習語句の正確な使用の2点につながった。
This study attempts to suggest a way of giving feedback to Japanese university learners of English to reduce grammatical mistakes in their writings. It addresses the importance of the instruction in which feedback on content and logic and that on grammar are separately given to the learners. This feedback style aims to raise the learners’ awareness of grammar in writing. This study also examines the learners’ reception of feedback from their instructor. The results show that this feedback style is particularly effective for reducing mistakes concerning two kinds of grammar: usage of the words familiar to the learners and the grammar that they learned in high school to which, unlike more basic grammar whose mistakes are often due to carelessness, as a result of this instruction, they have learned to pay more attention than before.
本文を読む

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/36251/1/3_17-25.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報