Departmental Bulletin Paper ヒーローの社会的好子としての効力とビデオヒーローモデリングの介入効果の関連に関する検討
Analyzing the Relationship Between the Function of a Hero as a Social Reinforcer and the Effectiveness of aVideo Intervention Using the Hero as a Model

高橋, 彩  ,  大竹, 喜久

167pp.11 - 20 , 2018-2-23 , 岡山大学大学院教育学研究科
ISSN:1883-2423
NCID:AA12338258
Description
 本研究では,知的障害特別支援学校中学部に在籍する2名の生徒を対象として,ヒーロー(特別な興味の対象)の社会的好子としての効力とビデオヒーローモデリング(VHM)の効果との関連性について検討した。まず,担任教師への面接および質問紙調査によってそれぞれの生徒のヒーローを特定した。次に,任意の課題場面においてヒーローによる称賛を非随伴的に提示し,課題遂行率の変化を測定することでヒーローの社会的好子としての機能を確かめた。その後,日常生活場面から選定された標的行動に対してVHMを実施した。その結果,どちらの生徒についてもヒーローの社会的好子としての効力が確かめられたにもかかわらず,1名の生徒にはVHMによる行動改善が観察された一方で,もう1名の生徒の行動改善は限定的であった。ヒーローからの称賛が好子として機能するとしても,そのことが必ずしもVHMによる介入効果を予想するものではないことが示唆された。
Full-Text

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/55697/20180301142833422897/bgeou_167_011_020.pdf

Number of accesses :  

Other information