紀要論文 Raw Material Utilization, Technology, and Typology of Palaeolithic Tools in Myanmar: Were There Lithic Technological Links in the Regional Context?
ミャンマーにおける旧石器時代石器の原材料利用・技術・型式分類 : 石器製作技術は地域性と関係するか?―

,

44pp.189 - 204 , 2017-11-27 , 岡山大学大学院社会文化科学研究科
ISSN:1881-1671
NII書誌ID(NCID):AA12178435
内容記述
 ミャンマーの旧石器文化はその地理的位置によって二つに区分される。開地的な遺跡は低地平原に位置し、そこで典型的なアニャティアン文化が更新世中期から完新世前期の間に盛行したものと思われる。一方、高地カルスト地帯の洞穴遺跡は礫器文化を反映しており、その年代は11,000 BP ごろ以降に始まるかもしれない。本論はそうした二つの異なった文化の特徴をまとめるとともに、地方的・地域的伝統における技術論的関連を明らかにしようとするものである。
本文を読む

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/55500/20171205151320756726/hss_044_189_204.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報