Departmental Bulletin Paper 合唱歌唱とソロ歌唱の発声に関する考察(2): プロとアマチュアの合唱歌手,合唱受講学生と合唱指揮者に対するアンケート調査を通して
Consideration on a Vocalization of Chorus Singing and Solo Singing (2) : Through Questionnaire Surveys to Professional and Amateur Choral Singers, Students Attending a Chorus Class and Choral Conductors

虫明, 眞砂子

166pp.99 - 108 , 2017-11-28 , 岡山大学大学院教育学研究科
ISSN:1883-2423
NCID:AA12338258
Description
 合唱活動を行っている歌い手や指導者は,発声をどのように捉えているのであろうか。アマチュア合唱団員,プロの合唱団員,教員養成学部の合唱受講生,合唱指揮者を対象にアンケート調査を行い,自由記述の記述内容から発声の課題を検討した。その結果,ソロの発声技術と合唱の発声技術の両方を使用することに歌唱演奏者が苦労しながら取り組んでいることが明らかとなった。ソロ歌唱と合唱歌唱の理想的な発声を得るためには,両者とも声楽発声の基礎を身につけた上で,ソロと合唱それぞれに特有な歌唱技術のコントロールができることが必要である。また,ソリストは,「合わせる」経験を積んでいく中で,合唱歌唱の技術を磨いていくことが必要であり,合唱歌手は,「ソリストの歌唱技術」を獲得することで,個々の歌唱技術を磨いていくことが必要である。
Full-Text

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/55483/20171205134154920767/bgeou_166_099_108.pdf

Number of accesses :  

Other information