Departmental Bulletin Paper 病気の子どものための「合理的配慮」に対する教員の意識 : 学校種別に基づく分析を中心に
Teachers’ Perceptions towards Political Trends and Reasonable Accommodations for Students with Health Impairments : Focusing on the Differences between Regular and Special School

吉利, 宗久  ,  三宅, 幹子  ,  石橋, 由紀子

165pp.33 - 41 , 2017-07-28 , 岡山大学大学院教育学研究科
ISSN:1883-2423
NCID:AA12338258
Description
 本研究では,病気の子どものための「合理的配慮」に対する教員の意識の傾向を把握し,インクルーシブ教育の展開に向けた課題を明らかにすることを目的とした。2つの研修会(2016 年8月)に参加した小・中学校および特別支援学校の教員(n = 127)を対象に,①新たな動向の把握状況(障害者権利条約および医療的ケア通知,2件法),②「合理的配慮」に関する「基本理念」(2項目),「教育内容・方法」(5項目),「支援体制」(5項目)に対する意識(4件法)について質問紙調査を実施した。結果,近年の動向に関する情報は浸透しつつあるが,小学校を中心に未だ十分ではなかった。また,「合理的配慮」の提供に関しては,全体的に中学校における平均値が比較的に低い状況があった。年齢および勤務年数についても,「本人の病状理解に基づく生活指導」および「急な病状の変化への対応」に対して,若く,経験が少ない教員の平均値が低いことが明らかになった。中学校における組織的な支援体制の構築に期
Full-Text

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/?locale=en&logined/files/public/5/55291/201708031015441412/bgeou_165_033_041.pdf

Number of accesses :  

Other information