紀要論文 ウィトゲンシュタインの『確実性の問題』における蝶番命題に関する予備的考察 ─ モイヤル−シャーロックの分類学を手がかりに ─
A Preparatory Study on Hinge Proposition in Wittgenstein’s On Certainty: Moyal-Sharrock’s Taxonomy

平田, 仁胤

162pp.27 - 34 , 2016-07-28 , 岡山大学大学院教育学研究科
ISSN:1883-2423
NII書誌ID(NCID):AA12338258
内容記述
 本稿では,ウィトゲンシュタインの『確実性の問題』における蝶番命題に着目し,その教育学的意義を析出した。モイヤル−シャーロックの分類学は,蝶番命題に対する確信の態度が教育によって形成されることを指摘している。この確信の態度は,子どもが大人の権威にしたがって獲得される場合もあるが,一度は確信した態度を変更し,新しい蝶番命題への確信を獲得するという動的過程も含まれている。ウィトゲンシュタインの『確実性の問題』は,この動的過程を示唆しており,その点に教育学的意義がある。
本文を読む

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54482/20160809113901171641/bgeou_162_027_034.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報