Departmental Bulletin Paper 栄西呼称の変遷と禅宗の変質
Change in quality of the Zen Buddhism with the recognition of Eisai

斎藤, 夏来  ,  谷舗, 昌吾

161pp.(1) - (12) , 2016-02-25 , 岡山大学大学院教育学研究科
ISSN:1883-2423
NCID:AA12338258
Description
栄西は一般に臨済宗の開祖とされるが、顕密仏教全体の再興を志した実像とは隔たりがある。そこで栄西認識を示す史料の網羅的な収集を試みた結果、中世顕密仏教につらなる「葉上僧正」という呼称に対抗すべく「千光国師」という呼称が近世に台頭した様相が明らかとなった。国内仏教の一宗派へと転身した近世禅宗の周辺で、栄西の国際的な呼称であった「千光」と、天皇帰依僧への尊称であった「国師」とを組み合わせる動きがあったと想定した。
Full-Text

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54239/20160528124123785840/bgeou_161_(001)_(012).pdf

Number of accesses :  

Other information