Departmental Bulletin Paper 若手保育者が有する保護者支援の特徴に関する探索的研究 ―保育者養成校における教授内容の検討に生かすために―

片山, 美香

6pp.11 - 20 , 2016-03-04 , 岡山大学教師教育開発センター
ISSN:2186-1323
Description
 本研究では,近年,就学前の教育・保育において重視されている保護者への支援について,保育経験5年未満の若手保育者37名(幼稚園教諭:18名,保育所保育士19名)を対象に,幼稚園や保育所における保護者支援の目標,困難感の実態や,重視していること等について調査した。KJ法を用いて整理したところ,所属や経験年数によらず,多様な支援が見いだされ,とくに送迎時の会話を重視しており,園と家庭の連続性を大切にしながら発達や個々に直面する課題に応じて,保育者間の連携の下に支援していることが明らかになった。発達につまずきのある子どもをもつ保護者への支援に困難感が生じていたが、保護者との相互理解や信頼関係の構築を重視していることも確認された。今後の学習ニーズとしては,課題を持つ子どもの保護者や,保護者自身が課題を持つ際の支援法が挙げられた。養成校では入職後の自己をイメージ化しながら、理論知を固めることの重要性が示唆された。
Full-Text

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54016/20160528123957975368/cted_006_011_020.pdf

Number of accesses :  

Other information