学術雑誌論文 HER2異常等の低頻度の分子異常を有する非小細胞肺癌の臨床病理学的特徴を明らかにするための前向き観察研究(HER2-CS Study)と標準化学療法後再発・増悪または標準化学療法不応性のHER2陽性非小細胞肺癌患者を対象としたトラスツズマブエムタンシン(遺伝子組換え)の第2相試験
A prospective cohort study to define the clinical and pathological features of lung cancers harboring HER2 gene aberrations (the HER2-CS Study) and a phase II study of trastuzumab emtansine (recombinant) in patients with HER2-positive non-small cell lung cancer who recurred, progressed after standard chemotherapy, or were primarily refractory to standard chemotherapy

木浦, 勝行  ,  堀田, 勝幸  ,  佐藤, 晃子  ,  大橋, 圭明  ,  二宮, 崇  ,  南, 大輔  ,  田端, 雅弘  ,  久保, 寿夫  ,  加藤, 有加  ,  平田, 泰三

127 ( 2 )  , pp.127 - 132 , 2015-08-03 , 岡山医学会
ISSN:0030-1558
NII書誌ID(NCID):AN00032489

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報