Departmental Bulletin Paper 中国における生活関連製造業の地域間立地構造と全要素生産性の変化
Change in the location structure and total factor productivity of living-related manufacturing industries between areas in China
Change in the location structure and total factor productivity of living-related manufacturing industries between areas in China
チュウゴク ニオケル セイカツ カンレン セイゾウギョウ ノ チイキカン リッチ コウゾウ ト ゼンヨウソ セイサンセイ ノ ヘンカ

張, 秋菊

14pp.39 - 69 , 2017-03-27 , 鹿児島大学
This paper analyzes the change in the location structure and productivity growth of the living-related manufacturing industries between areas in China. It measures the production share and the specialization coefficient of each province in China to clarify the change of the location structure between areas, and measures the total factor productivity (TFP) of each province based on the geometric mean of the Malmquist index as a productivity growth index over the period 1997-2012. As a result, it can be clarified that the production centralization in Guangdong, Shangdong, Jiangsu and Zhejiang provinces reached its peak in 2007, then weakened from 2007 to 2012. It also shows that the production scale increases and the specialization coefficient rises in Henan, Hubei, Sichuan and Fujian provinces, but on the contrary in Yunan province. South-west region and central region become more dominant in production advantages. Regarding TFP, it shows that that the growth was due to innovation (technical change) rather than improvement in efficiency (pure efficiency change and scale change) in all industries and provinces. The growth in TFP in Heilongjiang, Jilin, Liaoning, Guangxi and Guizhou provinces is higher than the other provinces. However, it was unclear whether there is clear correlation between the change of location structure and the growth of TFP.
 本論は中国における生活関連製造業の地域間立地構造と生産性の変化を考察したものである。生活関連製造業における省別の産出シェアと生産特化係数を分析することによって,地域間立地構造の変化を明らかにした。そして,中国の地域別生活関連製造業の生産性を分析するために,Malmquist 技術指数の概念に基づいた全要素生産性(TFP:Total Factor Productivity)計測のアプローチを援用し,1997年~2012年の中国における生活関連製造業各業種の全要素生産性指数の推計を行った。 分析の結果,地域間立地構造の変化が確認できた。広東,山東,江蘇,浙江などの沿海部において,生産規模と特化係数が2007年にピークとなり,2012年に低下傾向が見られた。一方,河南,湖北,四川などの内陸部において,生産規模の拡大と特化度の上昇が顕著である。逆の動向として,沿海部において,福建の生産規模の拡大と特化度の上昇,内陸部において,雲南における生産規模の縮小と特化度の低下が見られた。地域レベルで見ると,西南地域と中部地域が生活関連製造業における産出規模と特化度ともに上昇しており,生産優位が顕著になってきていることが分かった。 全要素生産性について,期間別で見ると,1997年~2002年,2002年~2007年,2007年~2012年の3つの期間中に,TFP 指数が著しく上昇したのは2002年~2007年の期間である。効率変化指数(PECH: Pure Efficiency Change),技術変化指数(TECH: Technical Change)と規模の効率性変化指数(SECH: Scale Change)の動向を見ると,生活関連製造業4業種において,技術変化指数が比較的に高いことから,純技術水準の上昇が全要素生産性の上昇に貢献していることが分かった。地域別で見ると,東北地域にある黒竜江,吉林,遼寧,西南地域にある広西,貴州などにおいて,生活関連製造業の全要素生産性の上昇が顕著であることが分かった。本論では,立地構造と全要素生産性の変化に関する実証的データを踏まえて考察したが,両者の間に明確な相関性が確認できないことを明らかにした。

Number of accesses :  

Other information