Departmental Bulletin Paper 韓国中央大学校赤十字看護大学との交流における学生の学び : OJOスキンリハビリテーションセンター訪問、シミュレーション授業参加を通して

益満, 智美  ,  石橋, 絵理  ,  伊藤, 成美  ,  斉藤, 史  ,  島田, 和佳  ,  布施, 夢紀  ,  松垣, 萌々  ,  清水, 佐智子

Description
 鹿児島大学医学部保健学科看護学専攻の学生6名が、韓国中央大学校赤十字看護大学での第4回学生交流プログラムに参加した。研修期間中、本学の学生は、実際の保健医療施設の見学や韓国の看護学生や教員と交流を図ることを通して、看護の専門性を学んだ。今回の6日に間の研修の中で、学生にとって印象が深かったスキンリハビリテーションセンターの訪問と大学でのシミュレーション授業への参加について報告する。このプログラムに参加することにより学生は、世界における看護の重要性について洞察することができたと考える。Six nursing students from the School of Health Sciences of the Faculty of Medicine at Kagoshima University participated in the fourth student exchange trip to Red Cross College of Nursing at Chung-Ang University in Korea. During the exchange program, the students learned about the nursing profession through the training in the health and medical care facilities with local faculty and students. We herein report the outline of the study tour in Skin Rehabilitation Center and the simulation class that students deeply impressed with. We believe that this program allowed the students to gain in sights into the importance of a global perspective as nursing profession.
Full-Text

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13595&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

Number of accesses :  

Other information