紀要論文 島嶼地域住民の主観的健康感とその関連要因 : 集落レベルのソーシャル・キャピタルに注目して
Determinants of subjective health of residents in remote island: from a perspective of settlement level Social Capital
Determinants of subjective health of residents in remote island: from a perspective of settlement level Social Capital
トウショ チイキ ジュウミン ノ シュカンテキ ケンコウカン ト ソノ カンレン ヨウイン : シュウラク レベル ノ ソーシャル・キャピタル ニ チャクモク シテ

森, 隆子  ,  兒玉, 慎平  ,  波多野, 浩道

内容記述
 本研究の目的は主観的健康感に影響する要因について、集落地域レベルでのソーシャル・キャピタルに着目した形で関連を検討し、今後の保健活動のあり様に関する基礎資料を作成することである。当初に居住する地域住民710名を対象に、自記式質問紙調査を実施した。個人レベルのソーシャル・キャピタル得点を基にクラスター分析を行い「橋渡し型」「結合型」「中間型」集落の3つに分類した上で、集落特性毎に主観的健康感の関連要因を回帰分析で検討した。「橋渡し型」集落では集落民同士の支援関係の豊かさが有意に影響していた。集落地域レベルでのソーシャル・キャピタル特性を踏まえた保健活動を展開することの重要性が示唆された。 The aim of this study was to examine determinants of subjective health in remote islands from a perspective of settlement level Social Capital (SC). In this study, random sampled 710 residents at one city in a remote island were surveyed by self administered questionnaire. We divided the residents into three categories of social capital (bridging SC group, bonding SC group and intermediate SC group) and examined each group by multiple regression analysis. In the bridging SC group, high social supports from family members statistically influenced subjective health of residents. In the bonding SC group and the intermediate SC group, high social supports from settlement members statistically influenced subjective health. It is suggested that settlement level SC is an important factor of effective health program for residents in remote islands.
本文を読む

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13581&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報